【Newsが必要】ブログを書き続けて得られた気づき

「さて――」名探偵は万年筆を取り出し、犯人の名前を書き記した。

こんにちは、たわら(@Whale_circus)です。

毎日何かに取り組むと、それがどんな行為であれ新しい気づきを得ることができます。

たわらは毎朝小説を書き、毎晩ブログを更新する生活をしています。そんな生活を一ヶ月も続けると、新しい気付きを得ることができます。

毎日小説を書く、つまり夢に向かう行為を続けることの人生を前向きにする驚くべき効果は以前にまとめました。ではブログを書くことでどのようなことに気づいたのかをご紹介します。

結論から言えば、「ブログ記事にはNewsが必要」だということです。

毎日夢に向かう時間を確保すると人生の一局面にいったい何がおきるのか?

あなたが読書をしたり、映画を見たり、何か情報に接したときに、何がそこにあれば満足しますか?

それはNewsです。物事の新しい見方、斬新な視点、オリジナルな見解です。

小説家が新人文学賞を受賞する理由とまったく同じです。

デビューするために必要な斬新な小説とは?

ではどのようにNewsを見つけるか。

自分の経験に頼るしかありません。小説を読んだり、教養書を読んだりとなにか情報に触れたときに、あなたがどこに新鮮味を感じたかどうかを内省するのです

今日はこのブログ記事を書こう、と決意するには、自分のなかのNewsを掘り起こす作業が必要です。自分がNewsだと思ったのならば、おそらくそれは誰かにとって同じようにNewsである可能性があります。もちろんそんなこと知ってるよ、と無下にされるかもしれませんが。

それでも判断基準としては有用だと思います。

つまり毎日ブログを書くということは、自分にとってのNewsを思い出す作業からはじまります。

情報への接し方が必然的に変わります。新しい視点やオリジナリティのある見解に触れたときには、何が自分にとってのNewsなのか、を意識的に言語化しようと試みるからです。

一ヶ月でこれほどの変化の兆しがあります。続けていくとどうなるのでしょう。

 

読んでくださったかた、ありがとうございます。

たわら