【読書家への道?】「次、何読めばいいの」に答えます。その答えは「本読みネットワーク」です。

「さてーー」名探偵は手がかりが指すほうへと推理を進めはじめた

こんにちは、たわら(@Whale_circus)です。

次に何読もうかな? 文庫本をパタンと閉めて宙を見上げる瞬間は人生におけるささやかな幸せです。

あなたはそんなときどうしますか?

本屋に行く、Amazonのオススメを閲覧する、新聞の書評を読んでみる、そのどれもが正解です。

僕のおすすめは「本読みネットワーク」にアクセスすることです。

 

1  本読みネットワークとは

本読みネットワーク、これほ僕の造語です。無意識から浮かび上がったコトバです。

どんな作品であれ「本読みネットワーク」に接続されています。

Amazonのようにボタン一つで呼び出せるような無機質なネットワークではありません。

もちろん無機質なネットワークはそれはそれで生活を豊かにしますが、本読みネットワークはもうすこし熱を持っています。

あるいは星座のごとく夜空に輝くものです。

本読みネットワークとは定義すれば、その作品が属するまさに星座のようなものです。

 

2  3つの本読みネットワークを活用しよう

具体的な話をしましょう。行動こそがあなたを導くのですから。

面白かった本をバタンと閉じる。(ない人には見つける方法を別の記事にします)

ここが出発点です。そしてあなたは3つの方角に進むことができます。

1つ目をご紹介します。

① 他の作品を読む

作者本人が形成する「本読み」ネットワークといえます

僥倖にも手にした本を読んで面白かったと感じたあなたは、漠然とあるいは「ここが」という面白かったポイントを言葉にすることができるでしょう。

そこからもう一歩踏み込みましょう。作者が形成する本読みネットワークへと。

つまり著者の他の作品を読むということです。順序はタイトルが気になった順からで問題ありません。とにかく心が反応する本を手にとるのです。

そうして著者本人のネットワークに浸かり作品を読み続けると、面白さや味わい深さ、だけでなく著者の世界に対するメッセージが分かります。

そして作者本人のネットワークのおいしいところは、メッセージの変容を目にすることができることです。

作品を経て繰り返されるメッセージもあれば、変容して深化するメッセージもあります。その変化を味あうことはひとつの読書の喜びです。

規模が大きくなったり、切っ先が鋭くなっていることが感じられるようになります。

次の作品にはどんなメッセージを込めるのだろうか、と気になるあなたは作者の熱心なファンとなることでしょう。

作者の燃え盛る太陽のような魂のすぐ側で形成されるネットワークは「本読み水星ネットワーク」といえます。

 

本読み水星ネットワークを是非活用してみてください。

魂から離れた本読み地球ネットワークや時空を超える本読みネットワークについては別の記事にまとめます。

読んでくださったかた、ありがとうございます。

たわら