【プロフィール】たわらとはどんな登場人物なのか?

「さて――」名探偵は残された証拠からこの騒動を引き起こした犯人像のプロファイリングをはじめた。

 

こんにちは、たわら(@Whale_circus)です。

今回はブログ「クジラのサーカス舞台裏」管理人であるたわらという登場人物を紹介したいと思います。この世界に、あるいはあなたの日常へと登場したたわらとはどんな人物なのか。

結論からいえば、小説を書いている男だ。それがたわらを表現するもっとも短い定義です。それ以上に知りたい方は続きを読んでください。

小池一夫のキャラクター論にしたがって、たわらという登場人物に迫ります。

彼の理論によれば、キャラクターを創る3つの要素とは「名前」「見た目」「内面」です。それぞれの要素には考えるべき項目がいくつかあります。それにそって答えていけば、たわらというキャラクターが完成するということです。

それではひとつずつ考えていきましょう。

【進化の予感】小池一夫のキャラクター論に触れて

1 たわらという登場人物 「名前」

漢字で書くと、俵です。田原ではありませんので、あしからず。たはらでもありません。

詩人・俵万智さんとは親戚ではありません。僕より上の世代の方だと政治評論家・俵孝太郎さんの名前をよく出す方がいます。繰り返しになりますが、血縁関係にはありませんので、あしからず。

わりと珍しい名字で気に入っています。

 

2 たわらという登場人物 「見た目」

身体的特徴

・顔

一重、眉毛が太い、ホームベース型。有名人に例えられることはありません。仕事モードであれば、表情豊かとまではいきませんが、なるべく感情を表に出そうと努力をします。面白いと思ったことは笑います。たとえ自分だけしか笑っていなくても笑います。子供や赤ん坊と目が合ったときは、表情を崩すようにしています。それが成功しなくてもです。

 

・年齢

1991年2月16日生まれの水瓶座。901年に菅原道真が太宰府へ向けて出発し、1918年にリトアニアが独立を宣言し、2005年に京都議定書が発効された日だそうです。また高倉健、相川七瀬、オダギリジョー、松岡茉優、小松菜奈と同じ誕生日だそうです。だからなんだというわけではありませんが。

 

・性別

男性です。

 

・体型

172センチ、約70kg。適正体重は65kg。中肉中背。小学校から高校までサッカーに一生懸命でした。社会人になってからボクシングに一年間通いました。まだお腹は出ていません。毎日スクワットをするように心がけています。

 

・傷跡

右膝に手術痕があります。高校一年生のとき、半月板を損傷してはじめて手術を受けました。入院のために必要な採血で気持ち悪くなり横にさせてもらった経験があります。全身麻酔を経験し記憶が飛ぶという体験をしました。

 

・人種

日本人です。

 

しぐさ

・癖

【行動】ポケットに手を入れる。鼻頭を左手の親指と人差し指でつまむ。赤ん坊の頃は中指と薬指を咥えて離さなかった。

【思考】達成できない完璧主義の傾向があります。思い返せばテストの振り返りが一番嫌いでした。100点じゃない自分に焦点を合わせたくなかったのです。この思考モジュールはいらないので破棄している途中です。

 

・しぐさ、立ち居振る舞い

猫背気味なので、なるべく意識して正しい姿勢をとるようにしています。

お酒は弱いのでテーブルの隅にいるようにしています。隅っこマンと批判されることがあります。

 

・技

円周率を終わりまで言えます。嘘です。つまり突拍子もないばればれの嘘をつく技術があります。子供の頃はほとんどのポケモンの進化のレベル、覚える技などを覚えていたと記憶しています。

転校生だったので、場の空気を読む能力が高くなりました。この技術をポジティブな方向へ使えるようにするのが目下の課題でもあります。

 

・喋り方

仕事モードでは「僕」、友達モードなら「おれ」です。人の話を遮らないように努めています。音量は中です。決めゼリフはありません。いまのところ。

 

・服装・髪型

シンプルな服装です。派手な服は好みではないです。黒髪短髪です。

 

3 たわらという登場人物 「内面」

・オーラとカリスマ性

ない、と言い切るとどこか寂しいのでわからないことにしておきます。高校生の頃丸坊主にしたことがあります。いかついっすねと後輩に言われたことがありますが、それはここでは関係ないですね。

 

・弱点

高所恐怖症です。ジェットコースターや飛行機などのふわっとくる感覚が苦手です。グロテスクな映像は直視できません。

 

・願い、夢、目標

【大きな願い】誰かの人生を救う小説を書く

【中くらいの願い】英語がすらすら喋られるようになる

【小さな願い】毎日の小説執筆の時間を伸ばす

 

・好き嫌い

【好き】読書、映画鑑賞、筋トレ、猫、村上春樹、村上龍、カート・ヴォネガット、ロックンロール

【嫌い】一気飲み、満員電車、陰口、威圧的な人、話の長い人

 

・信条、信念

僕が最も嫌いなのは、友達が取るに足りない理由で落ち込んでいることです。太陽に黒点があるように、人間にも他人より劣っていたり、欠けている部分もあるかもしれません。黒点があるからって太陽の存在価値は揺るがないように、落ち込んでいる友人には素晴らしい部分がたくさんあるのです。僕が許せないのは、友達本人が黒点ばっかりみてしまっている事態です。なんとか生命の源である太陽の光り輝く部分に目をむけてくれるように、僕はあらん限りの力を注ぎたいと考えています。

 

・謎・秘密

これから書く物語はどのような物語になるのでしょうか。それが秘密です。そして僕のこれからの人生はどうなるのか。それも謎です。

 

・過去、生い立ち、来歴

父親が転勤族だった関係で引っ越しを多く経験した。山口県で生まれる→愛知県豊田市で一歳半まで過ごす→鳥取県鳥栖市で幼稚園に通う→東京都日野市で小学5年生まで過ごす→現・埼玉県で現在に至る

補助輪なしで他人の自転車を乗りこなしていたらしい。残念ながら僕の記憶にはありませんが。

 

たわらというキャラクターがどんな人物かわかりましたか。

また別の観点からアプローチしたプロフィールを作成します。

 

読んでくださった、ありがとうございます。

たわら